ご挨拶

首都圏のひと・まち・くらしを結ぶ「首都高速道路」。現在、総延長320.1km、高速道路ネットワークを構成し、日本経済を支える重要なインフラとなっています。その建設・維持・管理を行う首都高速道路株式会社のグループ会社として、弊社は平成20年3月に設立されました。私たちは、トンネル内の防災・換気設備などの機械設備及び料金所・パーキングエリアなどの建築物の維持管理を行っております。お客様が安全、安心、快適に首都高速道路を利用して頂けますよう、次の5つを経営方針として揚げ、品質の高いサービスを提供してまいります。

“お客様第一”

機械設備及び建築物の維持修繕を通して、お客様に安全・安心・快適な首都高速道路を提供します。

“安全の確保”

安全最優先の意識の醸成、安全指導の強化に努め、無事故無災害を目指します。

“適切な業務執行”

技術力の向上、点検業務の改繕、ISO9001の要求事項遵守等により、効率的な作業等維持修繕のレベル向上及びコスト縮減を図り、継続的に改善をします。

“法令遵守の徹底”

社員一人ひとりが倫理観の育成に努め、首都高グループの一員としてプロの自覚を持って良識ある行動を実践します。

“活力あふれる職場”

社員の健康と安全を確保し、職場環境及び福利厚生の向上に努め、活気ある職場を構築します。


全社一丸となって、首都高速道路を安全・安心・快適にご利用いただけるよう、全力を尽くして参りますので宜しくお願いいたします。

代表取締役 長谷川和夫 代表取締役 長谷川和夫